介護事業と行政書士

日本の人口問題が経済問題や社会福祉問題に様々な影を落としております。
少子高齢化が進んでいますので老人人口が増えていますので年金受給者が多くなり社会保険や国民年金保険の財源不足があきらかいなって国家財政が破綻するという危機にまでなっています。

 

また、認知症や病気の後遺症などで自立して生活を営むことが難しい方々が多くなっております上に少子化のために、そのような老人を支える若年層も少なくなっていますので介護問題も大きな社会構造上の問題になっています。
現在の日本では特に経済的に恵まれない貧困層の老人を介護する施設も不足しておりますし介護保険の財源にも問題が出て来ています。
介護施設の不足には介護サービスを提供する事業者と介護施設を提供する施設が必要になりますが、これらの事業を行なうには各都道府県などの自治体の許可が必要になります。

 

 

介護法に従って法人を設立して施設も介護法の規制の範囲で作る必要があります。
社会福祉事業に意義を感じて参入しようという個人の方が役所の難しい申請書類を作って許可を得ることは簡単ではありません。
このような時に行政司法書士の資格者の知識と力が役に立ちます。
介護事業の必要性が叫ばれる中で、行政書士の中で介護関係の申請や認可に絞って専門に書類作成から申請手続代行を行なっている事務所が現れてきております。

 

介護事業の主幹の役所は各都道府県になりますが、行政書士も各都道府県単位におりますので専門化しているところは介護事業に対する自治体のシステムや必要書類に熟知しています。
自分で書類作成から申請までの全てをやるには時間的にも知識の面でも大変ですので自分は介護サービスなどに絞って申請書類の作成は専門の行政書士にお願いしたほうが効率的です。


このページの先頭へ戻る