行政司法書士試験について

行政書士は需要が増えている職業ですが行政書士法による国家資格を取得しなければ出来ない仕事です。
行政書士の国家資格を取得するには行政司法書士試験を受験する必要がありますが、財団法人行政書士試験研究センターが毎年の7月後半になって配布する願書にて8月中に同財団法人に郵送かインターネットで申込をします。
受験資格として性別や年令、国籍、学歴などの制限は得にありませんが、受験料として7.000円が必要になります。
本番の試験が行われるのは11月の第2日曜日に下記の内容の筆記試験が各都道府県の指定する場所にて行われて翌年の1月第5週に合格発表があります。

 

試験科目には大きく分けて「行政書士の業務に関して必要な法令等が46題」および「行政書士の業務に関する一般知識等が14題」になっています。
行政書士になるには上記の試験を受けて合格するのが基本ですが、弁護士や公認会計士、税理士、弁理士になる資格を持っている人の場合の試験は免除されます。
又は20年{高卒者や17年}以上にわたって公務員や特定独立行政法人、特定地方独立行政法人で行政事務に携わってきたものも試験は免除されます。
行政書士試験を受験するための勉強方法としては、専門学校で勉強する方法と通信教育で勉強剃る方法があります。
しかし、昭和18年度に改正されて試験に出題される問題は政治から経済、社会、情報通信・・・などと幅が広くなりましたし、文章理解も難解ですので出来れば専門学校に通ったほうがベターでしょう。


このページの先頭へ戻る