行政書士として成功するには

行政書士の仕事範囲は広いので頭の使い方一つでビジネスチャンスは無限に広がります。
仕事内容はあらゆる行政機関が所管している許認可に必要な書類作成から始まって、依頼人との相談となりますが全ての行政機関に対応することは一人の行政書士では不可能に近いものがあります。

 

独立して行政書士の事務所を運営するには顧客になってくれる企業や団体、法人などを獲得しませんと厳しいものがあります。
「何でも屋」の行政書士では依頼する企業にとっても特色が掴めませんので、得意分野を決めて専門性を強めたほうが効率的になります。
専門にすることで、その分野の知識や書類種類も作成の方法にも精通しますので、顧客からの依頼に対してスピーディーにできますし質問に対しての答えも早く的確に出せますので顧客側から見ても信頼出来る頼れる存在になれます。
専門性も様々な分野がありますが、一例を上げれば「外国人の在留許可やビザ申請」を専門にして数多くの外国人に知れ渡っている行政書士もいます。

 

 

また、介護関係の法人設立や事業所の開設許可などの介護事業に特化している行政書士もいます。
産業廃棄物事業の許認可に必要な書類作成に長けている行政書士も、その業界で頼りにされていますし、ゲームセンターやバー、キャバレーなどの風俗営業法にかけてはピカイチと言われている行政書士もおります。
可能性は高い仕事ではありますが安定的に業務を遂行するためには、それなりに数多くの顧客に信頼されていなければなりませんので常に専門分野の知識と人脈を広げる努力が必要です。

 

 


このページの先頭へ戻る