行政書士の専門性

行政書士の仕事の種類は非常に幅が広くあらゆる行政機関におよぶ書類の作成や届出が主たる仕事ですが、その種類と数量は数千から1万種類を超えているとも言われています。

 

これらのすべての種類を知っている行政書士はいませんが、役所の書類関係を作成する要領と知識は備えています。
この他にも行政書士は依頼人からの質問に答えたり相談に乗ったりすることも仕事の範囲になります。
クライアントの種類も多岐に渡りますが、介護事業や建設業、不動産業、風俗営業、産業廃棄業などと幅広くなりますが、これらの事業に対して必要な許認可書類の作成や法人の設立も行います。

 

近年は国際化時代の進行とともに外国人のためのビザ申請や在留許可のための書類も作成します。
行政書士の資格をとって独立する方が増えておりますが、このような数多くの種類の書類作成から相談の全てを行なうことは難しいので自分の得意とする分野に絞って専門性を打ち出して業務を遂行する行政書士が増えています。
資格をとるのも大変ですが行政書士として独立して自立できるようになるには、得意先を開拓する営業センスも重要です。
企業によっては顧問契約をしている弁護士や税理士がいますが、書類作成業務には行政書士の方が得意としておりますし費用的にも弁護士に全てを依頼するよりも行政書士に依頼したほうが有利な場合もありますので企業関係の顧客開発は重要になります。
その中でも行政書士として得意な分野をアピールできることがクライアント獲得に有利に働きます。

 

 


このページの先頭へ戻る