職業としての行政書士

ますます複雑化する役所関係の書類は一般人にとっては近寄りがたい難解なものです。

 

そこで注目を集めてきたのが行政書士という国家資格を持つ職業です。

 

様々な場面で必要な役所への届出や許認可書類を間違わずに迅速に作成してくれる行政書士へのニーズは高まる一方ですが、実際の職業の現状はどうなのでしょうか。

 

行政書士法は昭和26年2月に施行された古い法律ですが、実際に行政書士へのニーズが高まって来たのは最近になって行政の社会福祉などに対する役割が重要視されてからです。

 

 

最近は企業活動でも役所に提出する書類が増えてきていますし複雑で難しくなって来ています。

 

従来の企業は社内の総務部門などで書類作成をして来ましたが、最近の行政への提出書類の量も増えて難しくもなっていますので専属の行政書士に依頼する企業が増えています。

 

当然ですが、行政書士は知り得た依頼人からの情報に対する守秘義務が有りますので個人や企業にとっても秘密が漏れない安心感もあります。

 

特に公官庁に対する公式な書類作成は行政書士という国家資格者でないと出来ません。

 

資格のない人が行った場合は法律違反になりますので罰則があります。

 

需要が増えている職業ですが資格が無いと出来ない職業ですが、行政書士の資格を取るには行政書士法に定められている私見に合格する必要がありますが、毎年の合格率は3%ですから簡単ではありません。

 

しかし、資格者になれれば行政書士として独立して開業することも夢ではありません。


このページの先頭へ戻る