行政司法書士制度の歴史

近年になって世の中がますますと複雑になり行政も社会福祉の必要性から国民との接点も増えており、国民が役所に届けたり認可を得る為の書類が増えております。
しかし、一般の国民にとっては行政側が用紙している書類関係が余りにも複雑であり難解な用語が多いので戸惑いを隠せません。
役所独特の特殊な用語が多数使用されておりますし難しい法律用語が多いために理解も出来ませんので自分で書類の作成は出来ません。
また、書類への記入が間違っていますと許可を得られないばかりか受け付けてくれません。
そこで近年になって行政司法書士の需要が増えておりますが、この資格昭和26年2月に制定された行政司法書士法に従ったもので結構古くからあるものです。

 

 

更に遡りますと、この行政書士の全身は1872年に既に太政官達「司法職務定制」のなかの「代書人制度」になります。
昔は代書人という人達が地方自治体や警察などに必要な書類の作成を請け負っていました。
その後は明治30年頃に「代書人取締規制」が各自治体や警視庁関係で定められるようになりました。
しかし、この規規制は1947年12月で失効し1951年になって行政司法書士制度が定められて、国民の利便に資する事を目的にした行政司法書士法が成立して現在に至っているのです。
しかし、この資格職業は近年になるまでは余り需要な制度として考えられておりませんでしたが近年なって社会構造の複雑さが高まったことで注目されると同時に試験を受験する人が増えている職業になっています。

 

 

 


このページの先頭へ戻る