独学か、人に教えてもらうのか

行政書士の勉強をする方法はいくつかありますが、自分一人だけで努力をして行政書士になろうとする人もいます。行政書士になるのは大変で、毎年の試験合格率を見ればどれくらいの苦労が必要かはわかるとおもいます。独学のメリットと言えば無駄な時間を避けられるということです。どれだけ効率的に努力ができるかが問題です。

 

いま行政書士をやっている人たちの中にも何年も、しかも連続で不合格になったという人もいるのです。簡単になろうと思ってなれる職業ではありません。まず勉強する前に厳しい道のりだということを覚悟してください。

 

はっきり言いますと、独学でこういった職業を目指すこと自体が無茶だと言えます。しかし一方で、独学で試験に合格した人たちもいます。法学部で優秀な成績を収める真面目な学生や、現在の仕事において法知識がある程度身に付いている人たちですね。

 

ですから、今現在行政書士の勉強になんの関わりもない人は、大人しく学生になるなりしたほうが近道となるでしょう。やはり独学で行政書士になるにはかなりの覚悟が必要です。

 

また挑戦してみてあと少しで受かったと自信をもって言えるのならば今のやり方をつき通せばいいと思います。しかしそんな自信が全く無いのならば、やり方を変えてみるべきでしょう。完全に独学というのではなく、通信教育などを利用してみたらいいでしょう。

 

それで受かるといっているわけではなく、勉強の方向性が決まるかもしれません。独学というのは間違っていても誰も指摘してくれないので危険な側面があるのです。

 


このページの先頭へ戻る