学校や通信教育の方が効率的

これから行政書士を目指そうと言う人に知っておいてもらいたいのは、資格をとるためには様々な法律を勉強しなければいけません。他にも一般知識などが問われる科目もあります。絶対に無理とは言いませんが、一人で独学をして資格を取るのは難しいでしょう。元々なんらかの形で法律に詳しい、ある程度法律の知識がある人なら別ですが、殆ど一からはじめるなら誰かに教えてもらわなければいけないでしょう。

 

専門学校や通信教育をしてみるのがいいと思います。これはどのあたりを勉強して、どういった方法でこなせばいいかという視点から授業を進めます。一人で勉強した場合、最近の試験の細かい傾向などわかりにくい部分があるでしょう。

 

ある程度目星をつけても、限界がありやがては壁にぶつかると思います。普段の生活では聞いたこともないような専門用語を多数相手にしなければいけません。ご存じのように行政書士の合格率は低いですから、できるだけ無意味な労力や時間をなくしていきたいものです。

 

ゆっくり長い時間をかけて勉強をするというのはひとつの方法ですが、そういった忍耐のいる方法で合格までたどり着けるような人はあまり多くいないでしょう。単純に専門学校や、通信教育を使った方が楽ですから活用してみてください。

 

また本屋で買った参考書などは法律の基礎的な知識をもっている人前提、という本もあります。説明も省いているところが多々あり、迷ったところで教えてくれる人がいる環境の方が、効率的に勉強できると思いますよ。

 


このページの先頭へ戻る