独立するのかどうか

今回は行政書士になる魅力について考えてみたいと思います。いろいろな事ができるというのがまず上がるでしょう。行政書士がやれる仕事はたくさんありやりがいがあります。ですから自分が得意な仕事をいかして、年収をあげる可能性を高められます。

 

これをやらなければいけないだとか、そういった仕事ではなく自分自身でやり方、やる仕事を決められます。ですので、型にはまったことが嫌いといった人にもぴったりです。

 

逆に他の行政書士が作った事務所で働くということもできます。独立か、雇ってもらうか自分自身で決められます。よく勘違いしている人がいるのですが、行政書士は他の法律関係の職業よりも小さな事しかできないと感じている人もいるようです。

 

これは全くの間違いで、資格取得の難しさからもわかるように簡単になれるような職種ではないのです。ですから重要な仕事をするという覚悟は必要かもしれませんね。その分多い収入を得る事ができるのです。

 

行政書士の働きかたはこれからもいろいろと増えていくでしょう。それくらい仕事の範囲が固まっていません。できることが多すぎるとも言えるでしょう。先程行政書士は独立せずに、他の行政書士の事務所で働く事ができるといいましたが、やはり独立する人は多いです。

 

普通の仕事と比べれば、〜士と呼ばれる人たちは独立することが多いですね。資格についても簡単にとれないといいましたが、弁護士などと比べれば難易度は落ちますし、本気でなろうと思えばなれる職業と言えるでしょう。結局は覚悟次第です。

 


このページの先頭へ戻る