行政書士の年収

難関の試験を突破し晴れて行政書士となったら、どのくらいの収入を得られるのか、一年で生涯どの程度の収入なのかと気になっている人も多いでしょう。しかし行政書士にもいろいろいます。どのような行政書士になりたいのか、なるのかを考えるべきでしょう。

 

殆どの人が企業にいかず独立した形になるでしょうが、中には企業に入る選択をする人もいます。肝心の収入ですが、行政書士の資格が生かせるとはいえ、基本的には普通の会社員と同じような生活ですから収入は普通のサラリーマンと大差がないです。

 

とはいえこれは入社してすぐの話ですから、キャリアを積むに当たって大きな武器となるのは間違いありません。どれだけ仕事ができるのかにもよりますが、しごとをしやすい環境を与えられる可能性が高いでしょう。

 

また、法務の仕事など特殊な仕事をする可能性が高いですから、手当てなどもつく可能性もあります。この辺は就職した企業の考え方によります。もちろん同期の社員と全く同じ待遇で定年を迎える可能性もあります。具体的に言うなら行政書士の資格を取って企業に入れば、年収600万前後となる可能性が高いです。

 

しかし、普通の企業に就職せずに行政書士の事務所で働いたり、他の事務所に行ったりしても、ただそれだけで年収が跳ね上がるとは言えません。高い年収を希望するのならば、リスクを背負う覚悟で独立をするべきでしょう。当然ですが失敗して失業という可能性もあります。資格を取ったあとが本番だと思ってください。燃え付き症候群にならないように。

 


このページの先頭へ戻る