行政書士とは

現代社会は多くの面で便利になった時代でもありますが、反面で様々な面で複雑な手続きが必要な時代でもあります。

 

自分で何かの事業を始めたいと計画を進めますと事業内容ごとに役所の許可や届が必要になります。
この手続の書類は役所用語といったら良いのか一般人の普段の生活からは理解不能な難解な単語が羅列されていてチンプンカンプンで困ります。

 

正式な会社以外にバイト程度の内職で稼ぎたいと思ったら所得金額によっては会社がやってくれる年末調整だけではダメということで確定申告という厄介な書類も出て来ます。

 

これも自分で出来なければ税理士に相談することになりますし、離婚問題が起きれば離婚専門の弁護士に頼むようにもなります。

 

自分たちの自宅用にマンションでも購入したいとなれば建物や土地の持分を法務省に登記するために司法書士に依頼することになります。

 

これらはほんの一例であらゆる場面で役所に書類の提出を求められることが多い時代ですが、役所が制作している書類は一般人には理解できない言語で作られていますので本当に困ります。

 

そこで最近脚光を浴びている職業に「行政書士」という資格を持っている人達がいます。

 

行政書士は国が定めている「行政書士法」に従った資格ですが、弁護士や司法書士、弁理士、税理士、公認会計士、などが行える以外の仕事や相談業務が出来るものになっています。

 

上記の資格者が行う仕事とバッティングしない範囲でのあらゆる役所関係の手続きに必要な書類の作成や許認可に必要な書類を作ることや手続きの代理業務を行います。

 

特に新規の事業を開設したい人達にとっては事業の内容によって必要な関係官庁や自治体へ提出する書類の作成と許認可などの取得のための相談や代理業務を行います。

 

国や自治体への提出書類は複雑ですし、使用されている法律用語や役所独特の用語を理解指定ませんと素人には理解できにくいし間違って記入しても受け付けてもらえません。

 

行政書士は、このような場面で必要な資格者です。

 

 

行政書士の資格とは

国民の生活の安全とより良い行政サービスが受けられように国や各地方自治体による行政の内容が決まる度に、施行するための法律や条例が増えてきます。

 

法律が基本となって様々な条例や規律が作られますので私達国民にとっては便利にンル反面に届出や取得するべき許認可なども増えてきます。

 

長い期間にわたって数多くの役所の書類が作られてきていますので年を追うごとに複雑になっています。

 

法や条例を事項する側の役所としては何かの間違いが起きますと役所や自治体や国の責任を問われますので、役所の安全確保のために書類にはあらゆる条項を盛り込んでプロテクトします。

 

このような事が悪循環になってドンドン複雑になって規きていますし、難しい用語にもなってきています。

 

結果として一般人にっっては難解な法律用語や役所独自の言語が使用されていますので理解ができなく書類作成が難しくなっています。

 

このように複雑化する時代の要望古くから有った行政書士法に注目が集まっています。

 

この法律は昭和26年の2月に施行された国家資格のものですが基本的な資格の内容は、必要とする企業や人からの要請を受けて本人に変わって役所に届ける書類の作成を行なうとともに、本人に変わって役所に対しての申請手続きの代理も行います。

 

この他に各種契約書の作成や遺言書などの事実証明の作成も行います。

 

最近は行政は福祉関係の業務がお多くなってきていますので国民が役所に提出すべき書類の種類も増えていますんで、行政書士の役割が注目されております。

更新履歴


このページの先頭へ戻る